プロによる査定


私たち「オーディオ買取センター」は、長年のプロによる確かな査定をお約束します。
当社での取扱い製品は、この5年間で約4500品目となっております。
(創業からですと、倍の数はあると思いますが記録データーがありません。)


オリジナルであるか、修復歴はあるか、交換部品の有無、今後の不具合予想など、
多くの商品をお取扱いさせて頂いた事が、私たちの自信となっています。
そこらのオーディオ屋さんには決して負けません。


もちろん、見た事が無い製品や聞いた事も無い製品も多く存在すると思います。
特にビンテージ製品には、未発表品や特注品やカタログ上だけの製品や1点モノ等もあります。
日々、勉強をさせて頂く気持ちも忘れずに、安心した確かな査定を致します。

買取先が多数?

当社の高額買取も頑張ります!
しかし、提携店やバイヤーを増やして高額買取も目指します。
日本国内だけでなく、海外の専門店にもご協力頂いております。


多くのオーディオ専門店は、全ての取り扱いをしていると思いますが、
専門店にとっては、得意分野や力を入れている主力製品が存在します。


レコードプレーヤーやカートリッジを主に扱う専門店。
真空管アンプを得意とする専門店。チューナーを得意とする専門店。
Western Electric製品を主力としている専門店。
ヨーロッパ系のスピーカーを主力としている専門店。
などなど。


これらの主力製品を取り扱う専門店やバイヤーは、
この主力製品を高額で販売をする事が出来る力を持っています。
すなわち、より高額で買い取る事が出来ると言えます。


しかし、通常はどこの専門店が何を主力としているかはわかりません。
また、アンプはA店でスピーカーはB店に買い取ってもらおう!なんて、とても面倒で大変です。


多くの専門店やバイヤーはオーディオ機器を探しています。
これらの需要としている所に、供給をする事で高額買取が出来ます。


今後も多くの専門店やバイヤーにご協力を頂ける様に努力して参ります。


※専門店やバイヤーには、お客様の個人情報は一切開示致しません。
 逆に買取先が当社以外の場合であっても、買取先の情報を開示をする事はありません。
 全てのお取引は、当社が責任を持ってご対応させて頂きます。

世界中の市場調査


私たちは起業当初から始めているいる重要な業務があります。
それはビンテージオーディオに関する市場相場や資料収集です。


ヤフーオークションでの落札価格の自動収集システムを構築し、
のちにebayの落札価格、国内外の販売価格を定期的に収集をさせて頂いております。
多くの情報を集める事で、それ以上の多くの事を把握する事が出来るからです。


例えば・・・
海外で需要が高くなっているオープンデッキ!?
国内ではレコードプレーヤーが価格上昇!?
以前に比べて出回らなくなってきているEMTのアレ!?
この時期は価格が下がってくるマッ○ン?
などなど、時期や季節や地域によっても色々と変わってくる事がわかります。


この値段なら売れるであろう。
ヤフーオークションなら1,000円スタートである程度の値段で売れるであろう。


この「あろう。」には、何の根拠もありません。
しかし、買取価格や委託販売には直結する重要な事です。


当社では、必要としている所に商品を届ける事を努力しています。
それが高く売れる事であり、それが買取価格に反映されるからです。

高価買取に必要なのは第一にコスト削減!


私達は作業の効率化とスピードアップを図り、日々努力しております。
全ての業務において無駄な作業はしません。無駄なコストも削減しています。


当社のスタッフは決して多くありません。正直な所、非常に少ないです。
24時間対応や数分で見積もり、数時間でお伺いする事も現状では難しい事です。


もちろん、今後はスタッフを増やしていく事も課題と思っておりますが、
人が増えれば効率が良くなると言うのも難しい所であります。
出費やランニングコストがもちろん増えてきます。


まず出来る事、独自システム化による効率化を強化しています。
そして出来る限り、一人一人のお客様に丁寧に対応していきたいと思っております。


まだまだ力不足な所が多くあり、お客様にも多くご協力を頂く事となりますが
その分、高額買取にてお返しが出来ればと思っております。

買取システムを独自開発しました


まず、お客様にとっては、とても必要のない話になると思います。
でも言いたいので、書かせて頂きます。ご了承くださいませ。


買取センターを始めるにあたり、最初の作業が商品管理&買取システムの作成でした。


これらの事をリアルタイムに複数のバイヤーが情報共有できないかな?と考えて・・・


①お客様からのお問合せ (商品、状態等のデータ入力。個人情報等は開示しません)
②契約バイヤーへの商品の開示 (商品、状態等の開示。) 
③カテゴリ別によるバイヤーへの選別 (例:レコードプレーヤーはA店とC店など。)
④各バイヤーによる買取有無と買取査定額の入力 (当社での買取も参加します。)
⑤一番、高額に提示した金額をお客様にご連絡 (提示したバイヤーは公開できません。)
⑥事前査定をご了承頂いた場合、集配センターへご送付頂き入庫。または、引取後に入庫。
⑦入庫した時点で輸送用伝票を剥がし、QRコード(商品管理データ)を貼り付けます。
⑧各作業でQRコードをスキャンする事で商品はどこで何をしているかがわかる。
 入荷待ち/入荷済/現物確認済/写真撮影済/お客様のご回答待ち/支払済などなど
⑨状態と動作確認をしてデータ入力。(基本的に当社での確認。契約内容により異なります。)
⑩現物確認にて最終価格の決定を行い、お客様へご連絡をさせて頂きます。
⑪お支払が完了した時点で、バイヤーへ発送または配達を致します。

この半分以上はシステム化により、自動的に処理されます。
さらなる向上の為に、日々システムの変更と構築に励んでいます。